関西で活躍するイラストレーター5選。


関西で活躍するイラストレーター5選

こんにちは。3度の飯の次にイラストレーションが大好きな田村です。

今回は、関西を地盤に活躍されている知らないと損するイラストレーターさんを5名紹介したいと思います。

ネクストページには、幾多のWebサイトや雑誌などで活躍しているイラストレーター小林や、2016年度の年賀状コンテンツで何十匹もの妖怪を描ききった金井などイラストに長けたスタッフが数多くいるのですが、機会があれば是非お仕事をご一緒できればな…と憧れを抱く方を独断と偏見で選ばせていただきました。

既に著名な方、これから著名になる方、まだまだマイナーだけど僕がウズウズしてしまう素敵なイラストレーターさん。

1名でもお好みの方を見つけていただければ嬉しいです。

ミロコマチコさん

ミロコマチコ

「原画がみたいぞ!」といつも思っています。

大胆な筆使いで紙いっぱいに描かれた動物達。絵本や雑貨などでも大活躍されている注目のイラストレーターです。

ダイナミックで力強いのにお洒落なイラストは、サブカル女子の心を鷲掴みにしています。

動物関連のWebサイトを制作する機会があれば、何としてでも予算を確保したいと思わせるイラストレーターです。

中川学さん

中川学

浄土宗西山禅林寺派の僧侶の肩書きも持つ異色のイラストレーターです。

和なのにポップ。

構図や色使いも独特で、何よりも分かりやすい絵柄はイラストレーションのお手本のよう。

カクカクしたタッチは時代小説の装丁では異色を放っています。

中川さんの作品は、装丁や雑誌、広告はもちろん、京都の街中でもちらほら見ることができます。

いつか一緒にお仕事できることを夢見るイラストレターの一人です。

西淑さん

nishi

女の子、動物、植物など静かで優しいイラストレーション。

クレパス、アクリル絵の具、切り絵など、様々な画材を組み合わせて作られる落ち着いた独特の世界。

部屋に飾るイラストや友達に送るポスカードなどに彼女の作品を選択すれば、センスを疑われることは絶対ありません!

最近は、装丁、広告、雑誌など、様々な媒体で彼女の作品を見ることができます。

個展やグループ展も活発に実施されているので、原画に触れる機会も多いと思います。

浅野成亮さん

asano

男性がこんなイラストを描くんだ…。

彼のイラストを見た時の衝撃は忘れられません。

人間、植物、動物、雑貨、文房具など、全てが可愛くて優しいイラスト。

箱庭の中で何かしら幸せなことが起こっていのだろうと、思わず勝手に物語を想像してしまいます。

2015年のアートストリーム・アワードでも受賞されていたので、これから有名になっていかれるのだろうなと思っていたら、何とボローニャ国際絵本原画展2016に入選されていました!

これからどんどん活躍されること間違いなしの、注目のイラストレーターです。

もりわきりえさん

moriwaki

人物、特に「おじさん」イラストを描く僕としては、ほってはおけないイラストレーター。

人物のデフォルメが秀逸で、昭和臭ただようタッチに、いつもほくそ笑んでしまいます。

もっともっと作品が見たいと思わせる、これからの活躍が楽しみなイラストレーターです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ドキッとくるイラストレーターの方はいらっしゃいましたか?

ここで紹介させていただいた以外にも、関西には、魅力的で素敵なイラストレーターがたくさんいらっしゃいます。

あの人も、この人もと思ったのですが、今回はこの5名でご了承ください。