シンプルな絵柄が素敵なイラストレーターを紹介。


こんにちは。デザイナーの金井です。

イラストレーター飽和時代と言ってもいいほど、今はたくさんのイラストレーターさんがいます。
雑誌に投稿しなくても、SNSを上手く利用して、どんどん有名になる方もいます。

みなさんはどういう絵柄のイラストレーションがお好きでしょうか?
繊細なイラスト、ガーリーなイラスト、ファッションイラスト、ポップイラスト、様々な好みがあると思います。
今回は、シンプルな絵柄のイラストレーターさんを紹介していきたいと思います。

Noritakeさん

151005_img01

http://www.noritake.org/

私の中で、「シンプルな絵といえばNoritakeさん」というイメージがあるくらい、イラストレーターとして第一線で活躍されている方です。
滑らかで柔らかさを感じる線がとても気持ちいいです。
構成はいたってシンプルですが、絵に魅力があるので、画面に物足りなさを全く感じさせません。
柔らかな線で描かれたイラストには温かさがあり、見る人の心に抵抗なく、すっと入っていきます。

白根ゆたんぽさん

151005_img02

http://yuroom.jp/yuroom/top.html

白根さんもここで紹介するのが躊躇われるくらい、有名な方です。
軽やかな線でセクシーでポップな女性を描かれています。
目・鼻・口の描写はあっさりしているのに、女性が全く地味に見えない、むしろ今時の女性に見えるのが不思議です。
大胆なポーズや服装をしていても、いやらしさを感じさせないのは白根さんの絵柄ならではだと思います。
シンプルなのに、一度見たら忘れられないインパクトがあります。

塩川いづみさん

151005_img03

http://shiokawaizumi.com/

柔らかで素朴な手書きの線が印象的です。
強弱のある線で描かれた人物の目は一人ひとり異なっていて、気の強そうな目、うつむきがちな目、それぞれに何か背景があるんじゃないかと考えてしまいます。
見れば見るほど、気になってしまう、見る人を惹きこむ独特の魅力があります。

瓜生太郎さん

151005_img04

http://tarouryu.com/TAROURYU/HOME.html

幾何学的な線から作られたスタイリッシュな女性のイラストを描かれています。
図形的で、法則を持って作られたような冷たい質感から生み出される、女性の鋭く強いタフな雰囲気がカッコイイです。
デジタルの質感と絵柄がとてもマッチしています。

はやしあおなさん

151005_img06

http://www.aonahayashi.com/

音を感じない静かなモノクロの世界観が心地良いです。
大胆に黒一色で塗られた背景に描かれた静物からは、どこか懐かしいような不思議な既視感を覚えます。
不安定でおぼつかない、それでいて力強さのある線が好きです。

佐藤香苗さん

151005_img08

http://kanaes.com/

自由気ままに生きてそうな、気楽なキャラクター達がとても可愛いです。
イラストのタイトルを見て、納得したり、ちょっと笑ってしまったり、そういう面白さがあるのも良いなぁ、と思います。
シュールとポップが絡みあった不思議で楽しいイラストを見ていると、なんだか心が元気になります。

星野ちいこさん

151005_img09

http://chiiko.net/

落ち着いた色合いで描かれた、冷たさと温かさどちらも感じる人物の描写に惹かれます。
また、配色にものすごくセンスを感じます。
海外と日本の雰囲気が混ぜ合わさったような絵柄がかっこいいです。

彦坂木版工房さん

151005_img05

http://www.hicohan.com/

イラストの描きこみ具合を見ると、シンプルとは違うかもしれませんが、構成がシンプルなので、今回紹介させていただきました。
食べ物のイラストからあふれ出る優しい雰囲気が好きです。描く対象をとても観察されていて、イラストに愛がこもっているからか、見ていると優しい気持ちになります。
個性を出しながらも、食べ物としての魅力を最大限引き出すという難しいことを見事に表現されているのがすごいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
シンプルなイラストはごまかしが効かないので、とても難しいです。とにかく描く人のセンスが問われるイメージがあります。
私も少し前にシンプルなイラストに憧れて挑戦してみましたが、少ない線と配色で人の心を惹きつけるものを描くことがあまりにも難しく、断念してしまいました。
私もいつかこういうイラストを描けるようになりたいものです。

まだまだ世の中には、素敵なイラストを描かれる方がたくさんいますので、これからも紹介できればと思います!
それでは。