200円以下で手に入るボールペン6本を比較してみた。


200円以下で手に入るボールペン6本を比較してみた。

こんにちは。デザイナーの金井です。
私は普段趣味でイラストを描いており、よくボールペンを使用しています。
普段使用しているのが「uni-ball Signo」というボールペンです。
大抵の文房具店で販売されているので見たことのある方が多いと思います。
何か他に良いペンがないかと思い、文房具店で定価200円(税抜き)以下で手に入る安価なペンを比較してみました。

uni-ball Signo(0.38mm)

uni-ball Signo(0.38mm)

滑らかさ    ★★★
持ちやすさ ★★
速乾性       
(5点満点中)

現在使用しているこちらのuni-ball Signoを基準にして他のペンと比較していきたいと思います。
uni-ball Signoはどこにでも売られているので手に入りやすいです。
描きやすく、持ちやすく、良いペンです。
ただ少しペンと紙の間に摩擦・抵抗を感じるので、ほんの少しだけですがペンが自分の思い通りに動かないような気もします。
あと、シャープペンなどで下書きをしてから描くと、シャープ芯の黒鉛に邪魔されて、思い通りにインクがのらない時があります。

PILOT VBALL(0.5mm)

PILOT VBALL(0.5mm)

滑らかさ    ★★★
持ちやすさ ★★★
速乾性       

インクがしっかり出るので、かすれる心配がありません。描き味も滑らかです。
太さが0.5mmと0.7mmの2種類なので、細部の描写をこだわる絵には向いてなさそうですが、ざっくりとしたシンプルな絵柄には合いそうです。
書き始めと書き終わりに少しインクだまりができますが、許容範囲内なので気になりませんし、逆に絵に味が出る気がします!

Pentel ENERGEL(0.35mm)

滑らかさ    ★★★★★
持ちやすさ ★★★★
速乾性       ★★

ペンを紙に置いてからの初動がものすごく滑らかに動きます。
とても描きやすいです。紙とペンの間におきる摩擦がほぼ感じられません。
描いていて気持ち良い! もっと描きたい! という気持ちになります。
ペンが自分の思い通りに動くので、コントロールしやすいです。

PILOT VCORN(0.5mm)

PILOT VCORN(0.5mm)

滑らかさ    ★★★★
持ちやすさ ★★
速乾性       ★★

軽い力でもインクがしっかり出るので、ほぼ描いていて力がいりません。だいたいのボールペンは角度がつくとかすれてしまいますが、このペンは角度をつけてさらに力を入れていなくてもインクが紙にかすれずのります!
ただそのぶんインクが多めに出てしまうので、絵を描く作業にはあまり向いてないかもしれません。線を吟味してじっくり描いているとインクが出すぎて滲んでしまいます。
力を入れずに字をサッと書くことができるので、筆圧が弱い人、手が疲れやすい人などにオススメしたいです!

uni-ball VISION ELITE(0.5mm)

uni-ball VISION ELITE(0.5mm)

滑らかさ    ★★★★
持ちやすさ ★★★
速乾性       ★★

先ほどのVCORNと同様こちらのペンも同じくらい軽い力で書くことができます。
VCORNよりも少しだけ滲みにくい気がします…!
ただやはり軽い力で書けるぶん、インクが出やすいので、絵は書きにくいです。
こちらも筆圧が弱い人、手が疲れやすい人にオススメしたいペンです。

PILOT G-3 GEL(0.38mm)

PILOT G-3 GEL(0.38mm)

滑らかさ    ★★★
持ちやすさ ★★★
速乾性       

滑らかさなどは一番最初のuni-ball Signoに近いです。
今回比較した他のペンと比べると、速乾性がやや劣る気がします。
可もなく不可もなく、普通に書きやすいペンだと思います。

結果

6本比較してみて個人的に一番描きやすかったのは…

Pentel ENERGEL

でした!
滑らかさ・持ちやすさ・速乾性どれを取っても素晴らしいです。
特にペンを紙に置いた後のスーッと抵抗なく滑る感覚がとても気に入りました。
絵を描くにしても、字を書くにしても良さそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ペンというのはかなり使う人によって好みが変わると思います。
今回もあくまで全て個人的な意見ですので、参考程度にしていただければ幸いです。
それでは!