僕がベルリンで出会った、かっこいいストリート・アート。


 

 

僕とストリート・アート

昨年末に、幼いころから憧れていた街ベルリンに行ってきました。
首都でありながら程よい都会。お洒落で自由、いたるところで音楽が溢れているとても素敵な街でした。
僕がこれまで訪れた街の中で最もかっこよい街でした。ベルリン大好きです!

さて、僕がベルリンにこれだけ魅了された理由の一つが、街のあちこちに描かれた落書きです。日本でも落書きを見ることはできますが、ベルリンのそれは質もクオリティーもまったく異質なものです。
これらの作品は落書きと言わず、壁画=ミューラルと言われる立派なストリート・アートなのです。

正直、見逃した有名な作品もたくさんあるのですが、今回は僕がベルリンで目撃することができ、
印象に残ったストリート・アートを幾つか紹介したいと思います。

イーストサイドギャラリー

総勢118名の作品を見ることができるイーストサイドギャラリー

総勢118名の作品を見ることができるイーストサイドギャラリー

日本をモチーフにした作品も!

日本をモチーフにした作品も!

いわゆる「ベルリンの壁」。当時西ベルリンと東ベルリンを分断していたベルリンの壁ですが、
シュプレー川沿いのミューレン通りに全長1.3kmの壁がイーストサイドギャラリーとして残されています。
観光名所としても人気で、ここでは118名のアーティストによるストリート・アートを無料で見ることができます!

Googlemap

Oberbaumbrücke(オーバーバウム通り)で発見したピンクの巨人。

Blus

Blus

1998年にベルリンを舞台に描かれたラン・ローラ・ランという映画で、主人公のローラが駆け抜けた橋
Oberbaumbrückeで写真を撮っていると、ピンクの巨人の顔を発見しました!
よく見ると、たくさんの人で構成された巨人のストリート・アートでした。
この作品はイタリアの著名なアーティストBlusによるもので、ベルリンで最も有名なストリート・アートの一つだそうです。

Blus Webサイト
Googlemap

Schlesisches Tor(シュレージッシェス・トール駅)近くのOs Gêmeos!

Os Gêmeos

Os Gêmeos

イーストサイドギャラリーに向かうために降りたSchlesisches Tor駅の近くで、インパクトのある大きなストリート・アートを発見。独特の黄色い顔のその作品は、ブラジル出身で世界的に有名な双子のストリートアーティストOs Gêmeosによるものです。
Schlesisches Tor駅近郊は、クラブハウスやバーがたくさんあり、若い人達にとても人気がある街のようで、
この作品は、この街の象徴のように感じました。彼らの作品は世界中で見ることができるようですよ。
(Schlesisches Tor駅近郊は夜になると少し怖い雰囲気でした。夜に女性一人で行かれることはお勧めしません! )

Os Gêmeos
Googlemap

ストリートアート専門のミュージアム「Urban Nation Museum」

Urban Nation Museum

Urban Nation Museum

僕が宿泊したBhf Bülowstraße駅の近郊に、Urban Nation Museumというストリート・アート専門の美術館が2017年9月にオープンしました。その影響もあってか、Urban Nation Museum近郊には素晴らしいストリート・アートを数多く見ることができました。

Os Gêmeos

Os Gêmeos

Urban Nation Museum近郊の作品

Urban Nation Museum近郊の作品

Urban Nation Museum近郊の作品

Urban Nation Museum近郊の作品

Urban Nation Museum近郊の作品

Urban Nation Museum

最後にUrban Nation Museum近郊の作品の中で、一際目を引いたかっこいいアーティストを2名紹介したいと思います。

「ステンシル・グラフィティの父」Blek le Rat

Blek le Rat

Blek le Rat

Blek le Rat

Blek le Rat

僕がベルリンに到着し、最初に目にしたストリート・アートがフランス出身のアーティストBlek le Ratが描いたモノクロ作品でした。ホテルの最寄り駅Bhf Bülowstraßeの前にあるアパートに、鳥、ネズミ、ダンスを踊る女性、ヘルメット? を被った男性の作品を見ることができました。
一般的に、大胆なタッチで色鮮やかに描かれることが多いストリート・アートの中で、モノトーンでリアルに描かれる彼の作品は異彩を放っていました。Blek le Ratはステンシルを使ったストリート・アートを最初に始めたアーティストで、彼以降のアーティストに多大な影響を与えたそうです。ストリート・アートのカリスマ的存在で映画にもなったBanksyもその一人のようです。

Blek le Rat

David de la Mano

David de la Mano

David de la Mano

David de la Mano

David de la Mano

Urban Nation Museumのすぐ近くに、ビルの壁一面に描かれた螺旋状に並ぶ黒い影の列。まだ制作途中だったようですが、そのインパクトは、近くのストリート・アートの中でも一際目立っていました。
この作品を制作したのが、スペイン出身のアーティストDavid de la Manoです。宗教的で、ともすれば恐怖すら感じる作品です。しかし、よく見ると、どことなく可愛らしいフォルムの人。鳥人や小人などもいて、とてもユーモラスで不思議な作品です。もっと彼の作品が見てみたいと思いました。

David de la Mano

まとめ

日本ではあまり馴染みのないストリート・アートですが、ベルリンでは日常の生活の中で、今回ご紹介したような素敵な作品に出会うことができます。次回ベルリンに行く時は、事前準備をしっかりして、有名どころの作品を全て見たいと思います! 今、海外旅行を予定されている皆さんも、是非ベルリンを候補地とし、素敵なストリート・アートに触れてみるのはいかがでしょうか?