CMSの特徴と違いについて。選び方、選定基準に合わせたCMSをご紹介します。


CMSの特徴と違いについて。選び方、選定基準。

目次

CMSとは?

CMSとは、コンテンツマネージメントシステムの略称で、主にwebサイトを制作するシステムの呼称です。ブログのように、管理画面を操作することで、webサイトのページとして反映されます。
2005年位から広がりはじめ、現在では、その全てを導入の選択肢にするには難しいほど沢山のCMSツールが存在。
高価なCMSであれば数百万するものから、フリーで配布されているものまで価格・種類ともに様々です。

CMS導入のメリット

それでは、CMS導入のメリットは何でしょうか?
集約すると、ズバリ、「サイト運営のコスト削減」です。
何故コスト削減につながるのでしょうか。
CMSの特徴と合わせて、メリットを紹介します。
CMSによってももちろんメリットは異なりますが、ここでは一般的なものをピックアップしてご紹介します。

  • 自分でリアルタイムで簡単にページの追加、編集が可能
  • CMSは作られたHTMLやリソースなどの画像、PDF等を管理
  • 管理したページは「スケジュール公開」「自動リンク設置」「テンプレートデザイン」「バージョン管理」などの代表的な機能により、いつまでも作られたままのクオリティを維持し、人間の手では実現しにくい運用を実現
  • CMSを一度導入すればwebサイト更新者、数十人、数百人並みの働きをしてくれ、人間では無理のあるwebサイト運用をサポートしてくれる
  • その結果、人件費を抑えられるのです!

    静的HTMLとCMSで作られたサイトの違い

    CMSを導入すると”良いこと”がたくさんあることは理解いただけたでしょうか。
    では、そもそもCMSを使わない場合はどういう方法でサイト制作をするのでしょうか。仕組を簡単に紹介します。

    CMSを使わず、静的HTMLでサイトを制作する場合

    CMSを使わず、静的HTMLでサイトを制作する場合のイメージ図
    お客様(クライアント)から依頼をいただき、それを我々のような制作会社のスタッフ=プロが制作します。
    クオリティは勿論高いものが出来上がりますが、「プロじゃないとできない」「自分でやるのは手間」「時間がかかる」「更新の度にコストがかかる」といった課題も出てきます。

    CMSでサイトを制作する場合

    CMSでサイトを制作する場合のイメージ図
    CMSを導入すると、お客様ご自身でサイトを更新することができるため、CMSを使わない場合に出てくる課題を解決できます。
    更新したい時にすぐ、リアルタイムで更新内容を反映でき、勿論、都度更新費用が発生することもありません。

    CMSの選定基準と種類

    CMSの選定基準は各々異なるとは思いますが、チェックすべき点として下記5点をあげます。

    • コンテンツ編集の方法
    • ワークフロー(承認権限の設定)
    • 動的/静的
    • サイト数
    • 価格
    • セキュリティ

    動的CMS、静的CMSの違いがよく分からないという方のために、簡単な図を用意しました。
    色々なメリットはありますが、この1点を押さえていれば大丈夫でしょう。

    動的CMS、静的CMSの違いのイメージ図

    ・動的CMSでは「ユーザー(リクエスト)に合わせてその都度ページ生成ができる」
     →物件情報のような検索機能を重視するサイトに向いている
    ・静的CMSでは「表示速度が速い」
     →更新頻度の低いページが多いサイトや、セキュリティ重視のサイトに向いている

    各CMSの特徴まとめ

    これらの選定基準を元に、ネクストページで制作実績のあるCMSを5種類ご紹介します。

    WordPress

    特徴

    • 小〜中規模サイト向け。世界で最も多く使われているCMSでシェアは60%以上。
    • 知名度故のアタックも多く、頻繁にバージョンアップがある。
    • そのため、保守をしっかりする必要がある。

    こんなサイトに向いています

    • ブログ形式で更新するサイトを安価で制作したい。
    • 小規模サイト(〜数百ページ)。
    • セキュリティは最優先事項ではない。

    WordPressの特徴まとめ

    Movable Type

    特徴

    • 小~中規模サイト向けのCMS。静的なHTMLを書き出すため、表示速度が速い。
    • ページ数が増えてくると再構築に時間がかかってしまう事がある。

    こんなサイトに向いています

    • 小〜中規模(数百〜MAX1000ページ)。
    • 小規模サイトを複数運営したい。
    • 静的サイトを安価で制作したい。

    Movable Typeの特徴まとめ

    WebRelease2

    特徴

    • 中規模~大規模サイト向けのCMSで、現在までに500社以上の導入実績があります。
    • セキュリティに強い国産のCMSで、ネクストページは販売代理店です。
    • 官公庁や大手企業などの大規模サイトの実績が多く、サポート保守プランもあります。

    ※ネクストページオールインワンセットについてはこちら

    こんなサイトに向いています

    • 中規模〜大規模のCMSサイトを制作したい。
    • セキュリティを重視。
    • たくさんのユーザーがサイト運営に関わり、承認フローを詳細に設定したい。
    • デザイン自由度の高いサイトを制作したい。

    WebRelease2の特徴まとめ

    concrete5

    特徴

    • 小~中規模サイト向けのCMS。アメリカ発のCMS(日本サポートはフォーラムのみ/2017年5月現在)。
    • 表示されているその場所をクリックで編集できる「ダイレクト編集機能」が便利。

    こんなサイトに向いています

    • いわゆる固定ページをどんどん作りたい(でもWYSIWYGでは物足りない)。
    • 簡単に見たままサイトを更新したい。
    • 複数のグループや部署が運営に関わるサイト。

    concrete5の特徴まとめ

    a-blog cms

    特徴

    • 小~大規模サイト向けのCMS。国産CMSで、開発元のサポートが熱い。
    • 表示されているその場所をクリックで編集できる「ダイレクト編集機能」が便利。

    こんなサイトに向いています

    • 開発コストを抑えたいけどセキュリティもある程度担保したい。
    • 簡単に見たままサイトを更新したい。
    • いわゆる固定ページをどんどん作りたい(でもWYSIWYGでは物足りない)
    • 今後サイトを拡大していきたい。

    a-blog cmsの特徴まとめ

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?
    CMS選定にあたっては予算やサイト規模はもちろん、サイトの目的、用途、サイトの将来も見据えた運用方法に合った選定がとても大切です。
    これらのCMS実装をご検討される際には、お気軽に、ネクストページにお問合わせください!