男性が好きになるブローチ作家さん、店舗さん、メーカーさん5選。


田村のブローチコレクションの一部です。

お久しぶりです。ブローチ大好き田村です。
ブローチはスーツの襟はもちろんですが、普段着の胸ポケットや襟元、帽子やカバンなんかにも着けるだけで、
今日のお洒落をワンランクアップしてくれる、強いアイテムです。

ブローチ? 女々しい?! 男がそんなものできるかいっ!
そんなつまらないことを言っていると、意中のあの子が振り向いてくれないぞ!

そんな訳で、今回は男性のお洒落をワンランクアップしてくれるお勧めのブローチ作家(店舗)を紹介しちゃいます。
早速行ってみましょう。

大原大次郎さん

「山」「本」「糸」「生活」「パーラー」「ブック」などなど。一瞬「何故?」って感じてしまう言葉を模った木製ブローチ。
タイポグラフフィーを基軸としたデザインワークなどで活躍されている大原大次郎さんの「言葉を身につける」をコンセプトにした「コトバッジ」です。言葉だけでなく、そのフォントもかっこよくてキュート。昭和のやや猥雑なお店を彷彿とさせる「パーラー」などは秀逸です。ディレクターの僕は、もちろん「構成」を購入させていただきました。

イカす!大谷大次郎さんのコトバッジ。「構成」

大原大次郎
コトバッジ KOTOBADGE 大原大次郎

シュクルさん

パンのブローチ。
確かに、最近の手作りブローチでは定番になりつつあるモチーフです。
しかし、シュクルさんのパンのブローチはとにかく「お・い・し・そ・う」。
「あんたのブローチおいしそうやわ〜」と何度か知らないおばさまに声をかけられたことがあるくらい。
それもそのはず、シュクルさんのパンのブローチは小麦粉から造られた本物。
食パン、アンパン、フランスパン、バケット、コルネ…。
僕のお勧めは食パン。今年は食パン5つも購入しちゃいました。
こだわりのパンブローチを胸につけているだけで、気になるあの子からも声をかけられるかもしれないぞ!

ヘビーローテーションのシュクルさんのパンバッチ。

シュクル

藤井桃子さん

材料は「藁(わら)」。
ピアス、藁を使ったアクセサリー。
繊細でキレイなアクセサリーなのだけど、
材質が藁であることもありユニセックス。
しかも、その素材に使われている藁は、藤井さんご本人が稲から作られているとのこと。
一品一品心の篭ったアクセサリーなのだ!
蝶ネクタイを象った藁のアクセサリーは男性にも人気だとのことです。
いつか絶対購入したい一品です!

憧れ!藤井桃子さんの「花背WARA」のWebサイト

花背WARA

nukumaruさん

サイ、ライオン、マントヒヒ、豚、猫、人間、マッコウクジラ、花、木。
動物や植物を模った厚さ3ミリほどの木製のブローチ。
鋭角なフォルムと三白眼の目がなんとも言えません。
無色と有色もどちらポップでかわいいのだけど、カラフルな有色はお勧めです。
トートバックや無地のTシャツの胸元などにつけておくだけで、
街行く人の目線を釘付けにすることができるはず!

nukumaruさんのスーパー素敵なマントヒヒバッチ。

nukumaru illustration site

石川玩具株式会社

徳島県の大鳴門橋の麓にある「岩山商店」さんのガチャポンで見つけた「ご当地ピンズ ぴ」の「四国ピンズDX」。
四国の名産を象ったデラックスという名の小ぶりのブローチ(ピンズ)です。
「さぬきうどん」「おへんろさん」「金毘羅船」など、一見チープに見えるかもしれませんが(すいません)、そのチープとサイズ感とモチーフが相まってとても素敵なブローチに仕上がっています。僕は「さぬきうどん」が当たりました!
石川玩具株式会社では、他にも札幌から沖縄まで様々なブローチ造られているようなので、
地元や、観光地などで是非ガチャポンを探してみてください!

愛おしさすら感じる石川玩具株式会社さんのご当地ビンズ「さぬきうどん」素敵だ!!

石川玩具株式会社 ご当地ピンズ ぴ

まとめ

いかがでしたか? 男性のあたなでも、楽しめそうなブローチばかりだったのではないでしょうか?
今まで通り過ぎていた雑貨屋さんやガチャポンにも、ぜひ足を止めて掘り出し物を是非探してみてください。
今でも十分お洒落なあなただと思いますが、これまでと違った周りの反応を感じることができるはずです。
今更ですが、もちろんプレゼントにも最適ですよ!