デキる女のおしゃれキャンプ講座。


20140808_title初めまして、デキる新人ディレクター、かなゆーです。
最近、アウトドアしてますか? 自然と触れ合ってますか?
キャンプがしたい! 自然と戯れたい! でも泥臭いのはイヤ。
そんな贅沢なあなたに、おしゃれスタイルのキャンプをご紹介。
最近キャンプにハマっているかなゆーが、先週行ってきたばかりのキャンプレポートとともにお届けします。

2016/6/16 追記

この記事がSUKIMANOさんで、アウトドアブログとして紹介されました!
運営者のレバレジーズさんは、アルバイト情報サイト「バイトーク」を運営されている会社さんです。
「すきま時間の読み切りトピック」として、アウトドアの他にも色々なジャンルの記事を更新されていますので、ぜひご覧ください!

準備もおしゃれに。

おしゃれカフェやバーで打ち合わせ。

デキる女たるもの、準備をしっかりと。おしゃれキャンプは、すでに始まっています。準備期間を考慮し、キャンプの1ヶ月ほど前に開催しましょう。
そして「なんか私たち、おしゃれ~(^∇^)」という錯覚を起こしましょう。あ、もちろん私は、錯覚する必要はないんですが。

おしゃれにはロケーションが重要

行ってみてイメージと違う! ということがあってはおしゃキャンじゃない。
場所選びはとっても重要。人がたくさんいるにぎやかキャンプ場? 広々使えるキャンプ場?
どちらを選んでもいいですが、裸のラグビー部がキャンプをしていないところにしましょう。
そして、1番大切なのは目いっぱい自然が楽しめること。クチコミやネットの写真を参考に、おしゃれなロケーションを探しましょう。

行き帰りのドライブはおしゃキャン重要スポット。

セットリストは、サマーソング中心で爽快感溢れるドライブに! たまに洋楽や、ほっこりできる曲を入れて、センスをアピール。サングラスをかければ、さらにテンションアップ。
今回、かなり盛り上がったのが、車のCMソング。曲が変わるたび、オープンカーや外車、SUVを乗り換えている気分が味わえます。
山に入ったら、クーラーはOFFにして、マイナスイオンのシャワーを浴びましょう。
もし、渋滞に巻き込まれても、イライラせずにおしゃれトークで乗り切ろう。おしゃれな会話ができるよう、『おしゃれイズム』と『タモリ倶楽部』はチェックしておこう。

奈良県天川村

奈良県天川村

キャンプ場についてから。

いよいよ、今回のキャンプ地「天川村」に到着。
川の水がこれでもかってくらいエメラルドグリーン! 日本にこんなきれいなところがあったのかと感動。すさんだ心が癒された瞬間です。

どんなことがあっても、スタイルを崩さない。

キャンプでは予期せぬ事態が起こるもの。
常にクールに構えていることが大切。
・大自然の中、突然の雷雨でタープが崩壊しかける。
・トイレ中に前を見ると、顔の正面の壁にカエルが張り付いている。
・朝目覚めると、テーブルに蟻の襲来。
自然の中で楽しむキャンプでは、このようなことが日常茶飯事。なにかあるたびにバタバタしていたらおしゃれじゃない。カエルなんて可愛いもんです。

テント張りも優雅に

おしゃキャンビギナーズの私たちはテント張り・火起こしに時間がかかるのは想定済み。
私たちは自衛隊のように、すぐテントを張る必要はありません。到着早々、アロマオイルを焚きました。そして、ここでもiPadで音楽をかけ、片手にビールを持ちながらテント張り。
のんびりしすぎて、ゲリラ豪雨に見舞われましたが、微笑みは崩しません。

おしゃれ度UPアイテム

ここで、これがあるだけで誰がどう見てもおしゃれ!
ってなってしまうアイテムベスト3が登場。

第3位 フラッグガーランド
デキる女子、Iちゃんのハンドメイドアイテム。
家にある布を使って、自分のテントの目印にと付けたのが始まりらしい。オリジナルフラッグをテントに! おしゃれ~。

20140808_2

第2位 フェスライト
アウトドアブランド、コールマンのフェスライト。夜にこれを点けるだけで、おしゃれ感50%増し! 実用性がないと思われがちですが、森林やテントが密集している場合の目印にもなります。
20140808_3

第1位 キャンドル
定番おしゃれアイテムが第1位。
ダイニングテーブルの上に置くだけで、お酒の味もいっそう上がります。
20140808_4

ご・は・ん

おしゃれ! 簡単! 美味しい! スペシャルコース。

キャンプの醍醐味、ごはん。
自然の中で仲間と食べるごはんは最高!

アウトドアでの料理は、器具や時間も限られているので、初心者は「簡単でおいしい」ものにしましょう。

そして、おしゃれ調理アイテムの定番は、なんといってもダッチオーブン!!
20140808_5

金属製のふたのある鍋で、実物はとっても重いです。
普通のなべとしても使えるし、ふたに炭火を載せて上下から熱することもできます。だから、「オーブン」というわけですね。煮る、焼くはもちろん、パンの発酵もできちゃう出木杉君。今回はプロダッチャー(自称)の友人が持参したものを使用。

さて、ここで今回のメニューをご紹介。

メイン ~ワインと一緒に~

夏野菜とシーフードのパエリア&マルゲリータピッツァ
パエリアが食べたい! というメンバーからの熱い要望で、メインは魚介と野菜たっぷりのパエリアに。
20140808_6

もう一品はマルゲリータピッツァ。ダッチオーブンでピザの生地を発酵させます。
生地がめっちゃ膨らんでテンションあがります。
20140808_7

かんたん! おつまみ

ローストビーフ&じゃがいものホイル焼き ~粒マスタード添え~
ローストビーフは、ダッチオーブンを使えば簡単にできます。外はこんがり、中はジューシー。男性の胃袋をがっちりつかんでいました。
ジャガイモは、アルミホイルに巻いて炭火へ投入するだけ。香ばしいほくほくのジャガイモを粒マスタードでいただきます。ピリッとしててワインと合います。

朝食

翌朝、余ったパエリアをアレンジ。アルミホイルで作ったお皿に載せて、網の上で温め、温泉卵をトッピング。
20140808_8

20140808_9

温泉卵&パエリアコンビ最強! とても美味しかったです。

デザート

焼きりんご
20140808_10

リンゴの芯をくりぬき、くり抜いた穴に砂糖(三温糖など)とシナモンを入れる。
分量は適当でOK。調味料多目が味が良く染みて美味しいです。太るけど。
リンゴをまるごとアルミホイルで巻いて、ダッチオーブンで調理。炭火に投入してもできますよ。
30分ほどで、とっても美味しい焼きりんごの出来上がり。

家に着くまでがキャンプ。

来た時よりきれいにして帰る

美しくないのはおしゃれじゃない。
キャンプで出たごみはちゃんと持ち帰りましょう。
20140807_11

あとがき

奈良県天川村、ロケーションがすばらしく、とても楽しかったです。
1日目はバーベキュー、2日目は釣りをしました。
キャンプに慣れてくると、どんどんレベルアップできるので、あなたも、おしゃキャンマスター目指してくださいね。
かなゆーによるおしゃれキャンプ講座でした。