Angularで脱初心者するために学習した4つのこと


AngularJS時代から興味があって勉強を続けていたのですが、都合よく案件が来るわけでもなく、またAngular2になって以前のバージョンと大きく互換性が無くなってしまったのでAngularを何となく分かるレベルでずっと停滞していました。

ただ日々の仕事に追われて、なかなかフロントエンド界隈の情報が拾えなくなっていることに少しずつ不安を覚えていました。
そうした経緯から一念発起して再勉強したので、どういったことをしたかを書いてみたいと思います。

自分のレベル

普段はディレクターとウェブエンジニアを兼任しています。
仕事上、jsに触れる機会はありますが、あまり多くはありません。
・HTMLコーディングやWordPressの実装などの仕事が多く、jsを専門にしているわけではない。
・仕事ではjQueryでの記述が99%。
・TypeScript、webpackは何となく分かる。
・React、Vue.jsは全然分からない。
・英語苦手。

まず最初にチュートリアルをやってみる

学習を始めるにもAngularがどういったものなのかを、ざっくりとでも知りたいですよね。
手始めに触ってみるのに、Angularのサイトにあるチュートリアルがすぐに始められるので最適です。

https://angular.io/tutorial

TypeScriptの記述や、説明も英語なので分からないことも出るかもしれませんがまずは書かれているソースコードを写経して動かしてみます。
動いているものを見ると、何となくですがAngularでできることが見えてくるかと思います。

一度通してやってみた後に、分からなかった部分を調べてみます。
チュートリアルは日本語で説明された記事がいくつか見つかるのも、最初に学習する教材としてオススメする理由の一つです。

Angular2チュートリアルをやってみた!
http://qiita.com/ferretdayo/items/f03d3f3ef1b6060749eb
【最新版】Angular2 QUICKSTART for Typescript の日本語訳
http://blog.yuhiisk.com/archive/2016/09/26/new-angular2-quickstart-japanese-for-typescript.html

TypeScriptを勉強してみる

チュートリアルが終わって、何となくAngularで何が出来るか分かるようになりました。
分からない部分も調べながらであれば、何とかできそうです。

ただ、Angularは基本的にはTypeScriptで記述されるので、TypeScriptが全く分からないと学習を進めていくのも厳しくなってきます。

TypeScriptを学習できるサイトはいくつかありますが、私が一番オススメなのが下記の書籍です。

JavaScriptプログラマのための 実践的TypeScript入門

jsは分かるけど、TypeScriptは全く分からないと言うレベルの人に向けて書かれていますし、何より薄い!ので、途中で挫けることもなく最後までサクッと読むことができます。

ng-bookを読む

AngularJSの時から出版されている電子書籍になります。

https://www.ng-book.com/2/

この書籍は英語になりますがオススメする理由として、Angularのバージョンアップにも対応しているため情報が古くなることはありません。
現在もAngular4に対応済みになっているので、安心して使用できます。
書籍なのに購入した後でも内容がアップデートされるのは、電子書籍のメリットですね。

値段は$39のものと、$79のvideoとサンプルが付いたものがあります。
英語の書籍を買うのが不安ということであれば、第1章だけであれば無料で読むことができます。

Angular University

こちらはAngularを学習するビデオを見ることができます。

https://angular-university.io/home

内容は英語になりますが、眺めているだけでもBEGINNERレベルであれば大体の内容は分かります。
ボリュームも沢山ありますが、必要な部分だけであればそれほど時間もかかりません。
またng-bookと同様にこちらもAngularのアップデートに併せて、
内容がアップデートされていくので安心して学習できます。

LESSON1だけ会員登録を行えば、無料で見ることができます。
それ以外は有料になりますが、月$9.99もしくは年間$99なので手が出せないという価格では無いかと思います。
https://angular-university.io/pricing

その他の書籍

日本語でもAngularの書籍がいくつか出ています。
書籍で体系的に学びたい、どうしても英語で学習を進めるのが辛いという人には良いかもしれません。

ただ注意していただきたいのが、自分が学習しようとしているバージョンと比べて書籍の情報が古いと参考にできる部分があまり多くない場合があります。
特にAngularは毎年メジャーバージョンが変わっていくため、
参考にする場合は、自分が学習しようとしているものと乖離が無いか確認するようにしましょう。

Angularアプリケーションプログラミング

Angular2によるモダンWeb開発 TypeScriptを使った基本プログラミング

Angularの学習に必要なこと

上記の通り、私はjsを専門にしているわけでは無いですが学習を進めることが出来ました。
Angularだからといって、学習をするのに専門の知識が必要というわけではありません。
(脱初心者レベルになるには、ですが)

それでも、最低限必要になるのは「英語」です。
チュートリアルにしても、ドキュメントにしても基本的には英語になりますので、
英語アレルギーの人には学習はなかなか難しいかもしれません。
(ウェブエンジニアなのに英語アレルギーの人がいるかはさておき)

ただ英語に関しては、それほど高いレベルは求められません。
分からないところは調べれば良いですし、ソースコードを眺めていれば大体分かります。
また日本語のドキュメントも全く無いわけではありませんし、
slackで「ng-japan」というコミュニティもあるので、そこで質問をすれば問題が解決するかもしれません。

Angularに興味あるけど、触ったことがないと言う人の助けに本記事がなれば幸いです!


カテゴリー: JS | 投稿日: | 投稿者:
谷 誠

谷 誠 について

東京八丁堀事務所でディレクターをしています。 これまで職種をデベロッパー、ディレクター、デザイナー、エンジニアと色々経験してきました。web制作に関しては幅広くご提案できます。