暑い夏が一気に涼む! 怖さレベル別おすすめホラー映画4選+おまけ2選。


ホラー映画を見る猫

初めまして。お盆にコミックマーケットに行くことを楽しみに日々仕事を頑張っています。
生まれたてほやほやエンジニア、ミキです。叶姉妹を生で見るぞ!

8月に突入し、暑い日が続きますね。
流しそうめん、プール、花火大会等々、いろいろな楽しみがある夏ですが、
私の初ブログは、暑い夏にピッタリなホラー映画特集です。
制作会社に勤めているとは思えないほど壊滅的な私のイラストと、Youtubeの予告動画でお楽しみください。

それでは、どうぞ最後までお付き合いください。

 

キャリー

「キャリーをいじめないで! 彼女が泣くと恐しいことが起こる…」
公開年:1976年(リメイク 2013年)
製作国:アメリカ
ジャンル:サイコ・ホラー
監督:ブライアン・デ・パルマ(リメイク キンバリー・ピアース)

怖さ ★★☆☆☆
切なさ ★★★☆☆
クロエの可愛さ ★★★★★

あらすじ

サイコパワーを持つ主人公、キャリーは暗くて内気な性格のせいで、毎日クラスメイトからいじめを受けていた。
キャリーをいじめているところを教師に見つかり、いじめっこはプラムへの参加を禁止される。
イケメンにプラムの誘いを受けたキャリーを恨み、プラム当日に恐ろしいいたずらを計画するいじめっこ。
キャリーをいじめるやつはどうなっても知らないぞ!

 

スティーヴン・キングの小説が原作の作品です。有名なので知っている方は多いのではないでしょうか。
2013年に公開されたリメイク作品では、クロエ・グレース・モレッツちゃんが主演を務めました。
どちらも見ましたが、1作目の方が怖かったです。リメイクはクロエちゃんがただただ可愛い。
プラムがある文化、羨ましいです。

シネマトゥデイさんでリメイク版の予告動画が紹介されています。
サムネイルが少々怖いですが、気になる方は下記の動画をチェックしてみてください!

 

MAMA

「ママ、私パパに殺されるの? 」
公開年:2013年
製作国:スペイン、カナダ
ジャンル:ホラー
監督:アンディ・ムスキエティ

怖さ ★★★★★
切なさ ★★★☆☆
寝るとき電気消せない度 ★★★★☆
ママの細さ ★★★★★

あらすじ

精神を病んでしまい、妻を殺した父親に山奥の小屋へ連れて行かれた姉妹。
姉妹を殺そうとする父親は、何者かによって襲われ消息不明となる。
5年後、小屋で生き延びているところを発見された姉妹は、父親に瓜二つの叔父とその恋人(イケイケベーシスト)に引き取られることに。
共同生活を始めた4人の周りで、奇妙な現象が起こり始めるのだった。
怖さの中に切なさがある物語。

 

パッケージが怖すぎて、今まで借りるのを渋っていたのですが、最近ようやく観ました。
見る勇気が無いという方は、作品を1枚のイラストで完結させましたのでこちらをどうぞ。

MAMAのイメージ

お見苦しいものをお見せしました。すみません。
ママ役の俳優さんはなんと男性だそうです。驚き。

作中に出てくる叔父の恋人がかっこよく、この作品を好きなポイントのひとつです。
女性ベーシストで、サバサバしてるのが私のツボでした。

また、オープニングで姉妹が描いたイラストが出てくるのですが、これから何が始まるのだろう… と期待膨らむわくわくさも堪りません。
サウンドも良いので意識して聴いてみてください。

こちらもシネマトゥデイさんの予告動画です。

 

エスター

「この娘、どこかが変だ。」
公開年:2009年
製作国:アメリカ
ジャンル:サスペンス・ホラー
監督:ジャウム・コレット=セラ

怖さ ★★★☆☆
衝撃度 ★★★★★
不気味さ ★★★★☆
女の戦い度 ★★★★★

あらすじ

3人目の子供を流産してしまった夫婦は、悲しみを癒やすため孤児院から「エスター」という名前の少女を引き取る。
しっかり者で落ち着きがあり、難聴を抱える長女のマックスともすぐに仲良くなるエスター。
しかし、エスターは徐々に普通の子供とは違った行動を見せはじめる。彼女の正体とは一体…
衝撃の展開を見逃すな!

 

これもパッケージが不気味で怖い!
エスター役のイザベル・ファーマンちゃんの演技がとにかく凄いんです。
子供ながら大人顔負けの演技で、観る人をエスターの世界に引きずり込みます。

シックなお洋服も、真似したいほど素敵です。

今までに無い衝撃の展開だったので、濃く印象に残っている作品です。
女性って怖いな… と、同性の私ですら感じました。

少々グロテスクなシーンがありますので注意が必要ですが、どんでん返し系が好きな方は、是非。
私はまた観たくなってきたので、今週にでもレンタルしようと思います。(笑)

こちらはYoutubeムービーさんで紹介されている予告動画です。

 

呪怨 ビデオオリジナル版、呪怨2 ビデオオリジナル版

公開年:1999年、2000年
製作国:日本
ジャンル:ホラー
監督:清水崇

怖さ ★★★★★
理不尽さ ★★★★☆
ギャグ度 ★★☆☆☆
もう押入れでかくれんぼできない度 ★★★★★

俊雄のブリーフの白さ ★★★☆☆

あらすじ

夫、佐伯剛雄に殺され、強い恨みを持って死んだ妻、伽椰子と息子の俊雄(と黒猫のマー)。
強い恨みは呪いへと変わり、関わるものたち(関わらなくてもアウトなときもある)を次々に呪い殺す。
なぜ怨霊の伽椰子と俊雄は生まれたのか。呪いの始まりの物語。

 

出ました! 邦画ホラー界のドン、呪怨!
今回ご紹介するビデオオリジナル版は劇場未公開のものなんです。レンタルショップでは取り扱ってますのでご安心ください。
ビデオオリジナル版→ビデオオリジナル版2→劇場版1→劇場版2と話が繋がっています。

皆さんおなじみの呪怨ですが、ビデオ版は個人的に呪怨シリーズの中で一番好きな作品です。
内容としては怖さが大半なのですが、ギャグかよ(笑)と思わせるシーンもちらほらあります。

ちなみにビデオオリジナル版2の頭から30分程は、ビデオオリジナル版のダイジェストになっていますので、実際ストーリーが動き出すのは後半からです。

この作品を観ると、設定を深く知ることができるので、より一層劇場版が楽しめますよ!
本編時間も短いのでさくっと見れちゃいます。

こちらもYoutubeムービーさんの予告動画をご紹介します。
ビデオオリジナル版が見つからなかったので、2の方です。

補足

ビデオオリジナル版も観たぞ! という人に特にオススメしたいのが、
オムニバスドラマ『学校の怪談G』に収録されている『片隅』と『4444444444』という短編作品です。
これらの作品はビデオオリジナル版とストーリーがリンクしているので、完璧にストーリーを楽しむことが出来ます。
全部見たあなたはこれで呪怨通!

 

おまけ

トリハダ〜夜ふかしのあなたにゾクッとする話を シリーズ

放送開始年:2007年
製作国:日本
ジャンル:ホラー
監督:三木康一郎

怖さ ★★★★★
後味の悪さ ★★★★★
自宅の戸締まりを何度も確認しちゃう度 ★★★★★

劇場版とドラマ版があります。幽霊は出てきません。
人間の恐怖を描いたオムニバスドラマです。

しかし、下手な心霊映画より何倍も怖い!
身の回りで実際に起こるかも知れない… という恐怖感があります。

特に、トリハダシリーズの顔である笹野鈴々音さんの演技や雰囲気の作り方が素晴らしく、何回観てもドキッとしてしまいます。
キャッチコピーのような特徴的なタイトルも好きです。

幽霊とか信じてないし可愛いもんだぜ! という方には是非オススメしたいです。
姉妹作品として、『カクセイ 〜恐怖に目覚める6つのストーリー〜』『ドクロゲキ』があり、こちらもオムニバスドラマとなっています。

 

放送禁止シリーズ

放送開始年:2003年
製作国:日本
ジャンル:モキュメンタリー
監督:長江俊和

怖さ  ★★☆☆☆
謎解き度 ★★★★
観た後考察まとめをググっちゃう度 ★★★★★

こちらもトリハダ同様、劇場版とドラマ版があります。

ドキュメンタリー風なのが特徴の、謎解きモキュメンタリーです。
作中にあらゆるヒントが隠されているので、考えながら観ていくことが出来ます。

意味がわかると怖い話で、最後まで明確な答えは出してくれません。
観る人の考察次第で、話の怖さが変わってくる作品となっています。

謎を解く自信がある方は是非見てみてください!

まとめ

いかがでしたか?
ホラーは奥が深く、色んなジャンルの怖さがあるので、私は大好きです。
まだまだ好きな作品があるのですが、厳選して上記の4作品とおまけ2シリーズをご紹介しました。

今年のお盆はゾッとするホラー映画で、涼んでみてはいかがでしょうか。