マスキングテープを手作りしてオフィスの壁を夏仕様にした。


マスキングテープトップこんにちは、むしゃむです。

真っ白な事務所の壁をなんとかしたいと思い調べてみると、マスキングテープで壁をデコレーションする方法があることを知りました!

マスキングテープを貼るだけなら壁を汚さない、傷つけない、はがすことも容易。
大きな文具店に行けば安価で豊富な種類のマスキングテープが入手可能です。

しかしマスキングテープは自分のオリジナルを作ることができるらしい…
せっかくなので、オリジナルのマステを作って壁をデコってみることにしました。

インクジェットプリンタ専用自分で作るマスキングテープ

マスキングテープをハンドメイドする方法はいくつかあるのですが、
参考 http://www.handful.jp/curation/4050
今回はサンワサプライのインクジェットプリンタ専用自分で作るマスキングテープを使用しました。
A4サイズのマスキングテープ用紙が5枚入って844円。

均等な細さにカットされているタイプも販売されています。
私が買ったお店ではフリーカットタイプのみ置いてありました。
マスキングテープ用紙
マスキングテープ用紙中身表面が和紙のサラッとした質感なのが良いです。
裏が5mm間隔の方眼になっているため、表から透かしてカットすることができます。

デザインを作る

Photoshopで印刷するデータを作り、注意書きに従い印刷します。
グラデーションのマスキングテープというのはないのでグラデーションにしました。
写真なんかも印刷できるみたいです。
特別なソフトやデータがないという人には、公式サイトでWordのテンプレートを無償でダウンロードできます!

印刷する

乾かさないで触るとインクがおちてしまうので乾かします。
マスキングテープ印刷後

カットする

テープの形にしたかったので素直に12mm幅で細くカッターでカットしていきました。
テープは薄くカットがしやすいです。
30cmほどの細長いテープが大量にできました。
とぎれとぎれにはなるのですが、そもそもマステを長ーく切って使うこともあまりないのでこれも有りな気がします。
マスキングテープ用紙カット

貼る

さっそくシートからはがして貼っていきます。
普通のマスキングテープよりも薄くてやぶきやすいという感触です。
この夏遠出する予定がないので、オフィスにいながら出かけた気分を味わえるように山のデザインにしました。
ひたすら貼ります。
マスキングテープデコ01 このようになりました。
マスキングテープデコ02 付箋を貼って山の神々も追加します。
マスキングテープデコ03 奥行きがでたような、清涼な空気が漂うようなオフィスになったのではないでしょうか…?
マスキングテープデコ04

まとめ

手軽に部屋の模様替えもできるマスキングテープの万能さを思い知らされました。
壁に貼る場合は、細かい柄は見えにくくなるので、遠目からもわかるくらいがよさそうです。
デザインもテープの直線を活かしたものにするとおしゃれかもしれません。
今回はグラデーションが緩やかでわかりにくくなってしまったのでもっとメリハリをつければ良かったなと思いました。
シートを使わず、無地のマステをコピー用紙に貼り付けて印刷する方法もあるので、いろんな方法や柄に挑戦したいです。